AWS CLIコマンド

aws cli

EC2にてAWS CLIコマンドの初期セットアップについての備忘録になります。

AWSCLI アクセスキーID, シークレットアクセスキーの作成

AWSマネジメントコンソールにてIAMを検索します。

左ペインのユーザーから対象のユーザー名を選択します。

認証情報タブからアクセスキーの作成をします。

アクセスキー情報が作成されるため、その情報をもとに、今度はEC2を立ち上げ、以下コマンドを打ち込みます

aws configure

作成されたアクセスキーID, シークレットアクセスキーを入力し、

Default regionはap-northeast-1

Default output formatはtext形式, json形式, table形式を選択できるので今回はjson形式を入力します。

AWS Access Key ID [None]:

AWS Secret Access Key [None]:

Default region name [None]: ap-northeast-1

Default output format [None]: json

ここまで実行すると~/.awsディレクトリにconfigファイルとcredentialsファイルが作成されます。

catコマンドで中身を確認すると

[profile default]
region = ap-northeast-1
output = json
[default]
aws_access_key_id = xxxxxxxxxxxxxxxxxxx
aws_secret_access_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

上記のようなファイルが出来上がっているかと思います。

configファイルとは

AWS CLIコマンドを使用するためのプロファイル情報です

credentialsファイルとは

credentials = 資格 等の意味

AWS CLIで使うcredentials情報とはAWSのAPI操作のために必要なキー情報となる。

credentialsファイルをもう一度確認すると

[default]
aws_access_key_id = xxxxxxxxxxxxxxxxxxx
aws_secret_access_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

キー情報が記載されています。

APIリクエスト時に、このcredentialsに記載されたアクセスキーとシークレットアクセスキー情報を渡して認証しているようです。

configファイルとcredentialsファイルのプロファイルを指定

aws configureコマンドでprofile情報を指定しないとdefaultの状態で設定されます。

これを–profileでプロファイル情報を指定してやると、指定した情報がファイルに書き込まれます。

aws configure --profile ec2-user

などと指定するとconfigファイルとcredentialsファイルにec2-userのプロファイル情報が書き込まれます。

AWS CLI 設定したプロファイル情報で確認

aws ec2 --profile ec2-user describe-instances

上記コマンドで–profile ec-2userで明示的にプロファイル情報をしてして、EC2のdescribe = 説明を確認できます。

以下のようなjson形式で情報が表示されていれば成功です。

以上でAWS CLIコマンドの設定備忘録となります。

参考記事

参考 AWSのクレデンシャルを記載するファイルの種類DevelopsersIO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です